金目丼

MUROTOのお魚、金目鯛を使った丼ぶりが名産

室戸の美味しいキンメ丼が食べられるお店の紹介です。

UTOCOスタッフ フォーマルハウトのおすすめ

あまり知られていませんが、室戸は西日本一のキンメダイの水揚げ地なんです!

そんな室戸の定番ともいえる「室戸キンメ丼」は、
1、キンメダイの照り焼きを載せること
2、地魚の刺身を乗せること
3、キンメダイのだし汁をつけること
が条件になっています。

それ以外は各店舗の自由ということで、各店舗それぞれの味が楽しめます。
ちなみに、どの店舗も一律「1600円」なんでーす。

各お店でも特徴があるのですが、食べ方は
①室戸の旬の刺身を頂く
②室戸産の金目鯛の照り焼きを頂く
③最後の〆に、金目鯛の出汁をかけて金目鯛茶漬けとして頂く!!

ひとつの丼ぶりで三度の味を楽しめるんですよ涙涙だ~!!

ちなみに、室戸産の金目に関して少しお話すると、高知県の金目鯛漁獲量は全国第4位。(1位静岡、2位千葉、3位神奈川)そんな中、室戸産金目鯛は漁場が近く、日戻りで鮮度が良いのが特徴なんです。

金目鯛は、水深360mの深い場所にいます。漁法は、樽を浮かして70の餌(イワシやイカ)を付け釣り糸を360mまで垂らす縦縄釣り。一度に20~30匹が釣れ、たくさん水揚げされています。

また、室戸沖にはその昔、海底火山として隆起した場所(大正礁と呼ばれる)があり、栄養塩の豊富な海洋深層水が湧き上がるので潮の流れなどから小魚が集まり、その小魚を追ってさらに大きな魚が集まるので、アジやサバ、ブリなどの回遊魚を対象とした 大型定置網漁業が盛んに行われているので色々な魚を楽しんで頂けます。

廃校水族館を見て頂いても分かって頂けると思います。色々な魚がいますが、水族館に泳いでいる魚は、ここ室戸で捕れた魚たちなんですよ。

PAGE TOP